ミラグロAG 定期購入(初回から5%お得♡)

ミラグロAG: ¥12,960(税込)
価格: ¥12,312 (税抜 ¥11,400)
数量:
在庫: 在庫あり
お届けサイクル設定:
定期購入

返品についての詳細はこちら

ミラグロAG 美人百花 ミラグロAG 美人百花

脳と目の若返りは、年齢とともに鈍くなる運動神経や俊敏性、認知力やIQを高めます。
ミラグロAGを飲み続けることにより「脳アンチエイジング」を行い、若々しい雰囲気を身にまとい、特別な印象を人に与えることができるのです。

ミラグロAGは脳を若返らせ、IQや運動能力を高めることを目的とした栄養素

ミラグロAG

私たちの脳の60%は脂質でできており、そのうちの25%が DHAなのです。DHAは脳を構成する成分で、脳に必要不可欠なものですが、DHAというのはよく耳にする言葉ですが、これはドコサへキサエン酸という脂肪酸で、私たちはこ のDHAを体内で製造できないために食事として摂取する必 要のある必須脂肪酸と言われるものです。 DHAはよく吸収されるためには本来の自然界にあるのと同じトリグリセリド型で摂取することが望ましいと言われていますが、アルガトリウムはその85%までがトリグリセリド型です。

ミラグロAG

アルガトリウムは2008年にパリで開催された国際食品素材展示会『Hv』にて最優秀機能性食品原料賞(Best | Innovation in Health Ingredientss )を受賞しました。

ミラグロAG

脳は私たちの体をコントロールする非常に大切な器官です。有害なものが脳に入ってきたら大変なことになります。 そうならないように私たちの体には「血液脳関門」というフィルターのようなものがあり、脳に必要なものしか通過できないようになっています。ミラグロAGに含まれるアルガトリウム及びα-GPCは「血液脳関門」を通ることができる成分です。ミラグロAGでは成分的に優れたアルガトリウムDHA及びα-GPCを使用することで大きな効果を期待することができます。

ミラグロAG

情報伝達物質(アセチルコリン) 脳を活発にするにはDHAだけでなく、神経伝達物質の一種であるアセ チルコリンも関与しています。DHA が脳内に十分存在していても、このアセチルコリン濃度が低いと情報のやりとりがうまく行われず、脳が活発に働きません。

α-GPCの多様な機能性

ミラグロAG
中枢作用
1.認知症改善
2.学習能向上
3.ストレスホルモン分泌抑制
ミラグロAG
末梢作用
1.成長ホルモン分泌促進
2.肝機能障害改善
3.血圧低下作用
4.競技パフォーマンス向上
5.感染時免疫能
  ・障害時修復能向上
  • ミラグロAG
  • ミラグロAG

スポーツとミラグロAG

ミラグロAG

アルガトリウムは2008年の世界スポーツ医療学会 でスペイン最優秀発表賞を受賞しました。 激しい運動により生じる活性酸素によるDNA損傷 を大幅に減少させ大きな酸化ストレスを受けてい ても私たちが寝ている時、つまり最も活性酸素の影響を受けにくい状態と同じ程度になり ます。 換気性闘値という、運動を継続することにより炭酸ガス値が大きくなり酸素供給が困難に なりどっと疲れがでてくる点に達するまでの時間が長くなります。つまり、例えばマラソンで 走っている時に苦しくなるまでの時間が長くなります。

ミラグロAG

スペインの女性サッカーチームにおいて行われた別の 臨床試験ではイリノイアジリティテストという敏捷性・ 反応速度の試験を使い、アルガトリウム摂取による敏捷性、反応速度の改善が確認されています。 敏捷性・反応速度というものは脳神経に関連している と考えられており、アルガトリウムの脳神経細胞の改善 が敏捷性・反応速度の向上に貢献していると考えられています。

ミラグロAG

左のグラフは、DNAの損傷について国際的に認められている 8-OXOdGというマーカーを確認 したところ、アルガトリウムを摂取し始めて2週間でDNA損傷が9分の1にまで下がり、3ヶ月では 5分の1でDNA損傷のレベルが 落ち着きました。

3ヶ月目の5分の 1というレベルは実はヒトが眠っている時のDNA損傷のレベルと同様のレベルであり、こ れは激しい運動を行っているにも関わらず、全く酸化ストレスの影響を受けていないということです。アルガトリウムを飲んでいなければ過激な運動により発生する強度の酸化 ストレスの影響でグラフの一番左のようなDNA損傷が生じるところ、アルガトリウムを飲んでいるおかげでDNA損傷が大きく下がる、強いてはDNA損傷が起きないように保護 するということです。DNA損傷は老化および癌や生活習慣病など様々な病状の原因となるものです。

ミラグロAGの競技パフォーマンス向上への期待

ミラグロAG

激しい運動で、筋肉細胞が多数損傷(筋繊維損傷)するので、 迅速に筋肉細胞を修復する必要があります!

ミラグロAG

肌の若返り

アルガトリウムは皮膚の細胞において活性酸素の蓄積を大きく抑制

[写真1]は、ヒトの皮膚細胞にアルガトリウムを添加した場合(写真右)と添加しなかった 場合(写真左)の、活性酸素の蓄積状態を蛍光顕微鏡で視覚的に示したものです。アルガ トリウムを添加しなかった細胞では、時間を追うにつれ(0分、15分、30分)活性酸素が蓄積していくのに対し、アルガトリウムを添加した皮膚細胞では、活性酸素の蓄積がほぼ抑制されています。(バルセロナ大学とブルディテクノロジー社との共同研究)

ミラグロAG
アルガトリウムによる色素沈着抑制

アルガトリウムの美白作用を調べるため、モルモットにアルガトリウムを投与し、紫外線を照 射して生じる色素沈着を測定しました。その結果[グラフ7]の通り、投与したアルガトリウム の量に応じて 明度(L*値)が低下し、アルガトリウムにより色素沈着が抑制されることが わかりました。
[写真1]はアルガトリウム群の、摂取前と摂取12週目の肌のキメ評価の写真です。12週目 において、明らかに肌のキメの改善が認められました。肌のキメの変化は肌の水分量や柔 軟性と相関があり、キメの観察によって肌状態を総合的に評価できるといわれています。

ミラグロAG

アルガトリウム群の、摂取前と摂取12週目の肌のキメ評価の写真です。12週目において、明らかに肌のキメの改善が認められました。肌のキメの変化は肌の水分量や柔軟性と相関があり、キメの観察によって肌状態を総合的に評価できるといわれています。

ミラグロAG

皮膚への影響(コラーゲン産生効果)

ミラグロAG

抗しわ効果

ミラグロAG

アンチエイジング効果

ミラグロAG

成長ホルモン産生作用

ミラグロAG

眼の健康と若さ アルガトリウムDHA+ルテイン

肌や歯のホワイトニングはありますが、白目のホワイトニングはありません。
眼の白目の黄ば みは紫外線によリ発生する活性酸素による血管の炎症と日焼けです。

網膜と酸化

網膜はカメラのフィルムにあたると上述しましたが、この網膜という部分は実は眼のレンズから入ってくる紫外線の影響で非常に酸化しやすくなっています。
網膜において紫外線のせいで活性酸素が生成し、網膜の細胞に酸化ダメージを与え、細胞が死でしまったり、細胞のDNAに損傷を与えてしまうのです。
ミラグロAG 網膜の細胞がダメージを受けると正常な網膜の活動が妨げられてしまいます。この状況が続くと眼の疲れ、眼がショボショボするような状況から、更に加齢黄斑変性、網膜疾患など失明につながる危険な病状につながることにもなりかねません。
また、網膜は本来私たちの体内で最もDHAが多い箇所なのですが、このDHA自体がその分子構造か ら非常に酸化しやすいつくりになっているのです。で は、どういう対策があるでしようか?

ミラグロAG

この写真は網膜細胞に酸化ストレスを加えた時の写真です。緑色に光るのが活性酸素です。コントロール(DHA無し)、DHA他社50%品とアルガトリウムを比較した場合、コントロールと他社50%品DHAでは活性酸素が増えて行くのがはっきりと確認できるのに対し、アルガトリウムを加えた網膜細胞では活性酸素がほとんど増えていません。この強力な細胞の抗酸化保護力はDHAでもアルガトリウムのみの特徴で、特許により保護されているものです。

アルガトリウムと網膜

ミラグロAG

スペインのバルセロナ大学の研究チームは網膜細胞の酸化について、細胞レベルで強力 な抗酸化作用の持つアルガトリウムがどのような影響を及ぼすかを確認するため、ヒト網膜細胞を使用して試験を行いました。網膜細胞にアルガトリウムを加え、酸化ストレスを加えて細胞の酸化に対する保護力を確認しました。
その結果、アルガトリウムを加えた細胞では細胞の酸化が約50%も抑制され、アルガトリウムは網膜細胞を酸化から保護することが確認されたのです。つまり、アルガトリウムはDHAなので、アルガトリウムを摂取することにより私たちの眼の網膜に細胞を酸化から守るDHAを送り込むことができるのです。体内で最もDHAがたくさん必要な網膜に紫外線などの影響で酸化の影響に対抗できる抗酸化DHAを送り込む、一石二鳥のDHA、それがアルガトリウムです。

ミラグロAG

DNA+ルテイン

2008年に報告された研究では、DHAとルテインを用い、49名の健常女性を対象に4ケ月調査をしました。その結果、黄斑色素密度は、ルテインを投与した場合は黄斑辺縁部が 上昇、DHAを投与した場合は黄斑中心部が上昇、ルテインとDHAを両方投与した場合 は、黄斑辺縁部も黄斑中心部も上昇することがわかりました。このことから、ルテインに DHAをプラスすることで、ルテインの黄斑保護機能がさらに向上していると考えられています。

2010年8月現在米国では、ルテイン、DHAなどを複合して、視機能と認知機能に対する 有効性の検証を行うAREDS2と呼ばれる大規模の介入試験が実施されています。( 2011年終了予定) また、2009年11月に日本油化学会主催で開催されたシンポジウムにおいて、ルテインの 最先端の研究で著名なタフツ大学のJohnson博士が、ルテインとDHAを両方摂取する ことで眼の抗酸化機能と脳の記憶機能が改善することを発表されました。学会報告の内 容は、2010年1月号のFood Style21にも取り上げられています。

ルテインとDHAを両方摂取することによる、脳機能に関する研究結果

ミラグロAG

2008年に報告された研究において、短期記憶・長期記憶に関して次のことが分かりました。

●短期記憶に関する買い物リスト記憶テスト・世界リスト記憶試験・住居記憶試験の結果、ルテインとDHAを両方投与した場合に有意な改善効果が認められました。

●長期記憶の言葉の流鴨性検査では、ルテイン炭粉投与とルテイン+DHA両方を投与した場合でほぼ同じ割合で高く、ついでDHA群は優位に高い結果でした。

リジュベネーションとは
キャラクター紹介
桜梅桃李HP
桜梅桃李公式ブログ

フェイスブック

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ